スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Artillery/When Death Comes

when death comes
デンマークのThrash MetalバンドArtilleryの5thアルバム。09年の作品。

以前にでたライブ盤「One Foot In The Grave,Other In The Trash」よりVocalがFlemming RonsdorfからSoren Adamsenに交代している。基本的にサウンドは依然と同じメロディックでドラマティックなスタイルだが、新VocalのSoren Adamsenは力強いクリーンボイスで歌うため正統派の匂いのするPowerMetalっぽくなったかもしれん。そこに現代的なアグレッションさを加えた感じだ。下手打つとそう言うのはダメになりそうだがArtilleryの美しいサウンドにはSorenの非常に素晴らしい歌声はマッチしていると思うしこの音質の良さもアリだと思える。ベテランThrashMetal勢では5本の指に入る元気さ。下手に四天王とかTestamentを聴くよりこれを聴きなさいww

When Death Comes

Upon My Cross I Crawl

10,000 Devils

Rise Above It All

Sandbox Philosophy

Delusions Of Grandeur

Not A Nightmare

Dammed Religion

Uniform

The End
スポンサーサイト

Artillery/One Foot In The Grave, The Other One In The Trash

one foot
デンマークのThrash MetalバンドArtilleryがポーランドでのMetalmania Festival 2008で行ったライブを収録したライブアルバム。

99年に「B.A.C.K.」を発表して以来音沙汰なかった彼らだが今作で再び復活を見せてくれた。プレイしている曲は1st~3rdが中心で(特に1stが多い!!)ファン感涙である。ただここで歌っているのはあのFlemming Ronsdorfではなく新vocalのSoren Adamsenなる方である。Flemming Ronsdorfの声は非常に独特でありもちろんSorenはFlemmingの真似はそこまで出来てはいないのだが、Soren自身中音からやや高音にかけて非常に力強いクリーンボイスで歌える実力波シンガーなので意外と楽しめる。まあFlemmingでない事の違和感はあるが。だが曲選は素晴らしいので意外と気に入っていたりする(笑)。


Deeds Of Darkness

Into The Universe

The Almighty

Cybermind

The Challenge

By Inheritance

The Eternal War

Beneath The Clay (R.I.P.)

Time Has Come

At War With Science

Out Of The Sky

Khomaniac

Terror Squad

Artillery/B.A.C.K.

back.jpg
デンマークのThrash MetalバンドArtilleryの99年復活作。4th.

基本的には今までと同じメロディックでドラマティックなThrash Metalをプレイしている。いや~安定のクオリティーですね。ただこのアルバムではドラマーがオリジナルメンバーではなく確かThe HauntedのドラマーだったのであまりThrashっぽくないドラミングなんだよな~。リフやメロディーや曲展開はそれ以前の物なので勿体ないな~。あとなぜかミドルテンポな曲が多めなのも勿体ない...まあでもあのバンドが復活してくれたのは嬉しい...がまた次作を出すまでにはまた長い時間がかかります...

Cybermind

How Do You Feel

Out Of The Trash

Final Show

Www

Violent Breed

Theatrical Exposure

B.A.C.K.

The Cure

Paparazzi

Artillery/By Inheritance

by inheritance
デンマーク出身のThrash MetalバンドArtilleryの3rdアルバム。

1stや2ndでも荒々しさを保ちながらも美しくドラマティックなThrash Metalをプレイしていたが、今作では更にその思考が強まりもはや哀愁のメロディーすら漂っている。曲構成も更に凝っているが退屈さは感じさせない実に劇的な展開が山だくさんだ。vocalのFlemming Ronsdorfも元から上手いシンガーだったが更に磨きがかかりシャウトからしっとり歌うパートまできっちり歌い分けてある。この作品はもはやArtillery流のHeavy Metalと言うべきだ。ThrashファンはもちろんのことすべてのMetalheadsに聴いていただきたい作品。まさしく「必聴」。

ちなみにリリース当時の日本版を買うと痛い目に合うので気を付けましょう(笑)。

そしてバンドはこの後Destructionのゴタゴタに巻き込まれ再び解散(泣)

7:00 From Tashkent

Khomaniac

Beneath The Cray (R.I.P.)

By Inheritance

Bombfood

Don't Believe

Life In Bondage

Equal At First

Razamanaz

Back In The Trash

Artillery/Terror Squad

terror squad
デンマークのThrash MetalバンドArtilleryの2nd.87年作。

基本的には1stと同じ米産のThrashにヨーロピアンテイストをまぶした感じだが、音質が向上しているのでより聴き易くなっている。Flemming Ronsdorfの詩の上手さが良く反映されているな。曲構成も良く練られており3rdを彷彿とさせる面もある。これはかなりお勧めの作品。まあArtilleryは全作品勧められるが(笑)。
ちなみにこの2ndを出したあとバンドはまさかの解散...当時のファンは大いに嘆いただろう...だが90年に復活しあの名盤を発表するのだ。


The Challenge

In The Trash

Terror Squad

Let There Be Sin

Hunger And Greed

Therapy

At War With Science

Decapitations Of Deviants
プロフィール

へたれ学生

Author:へたれ学生
メタルをこよなく愛する。特にThrashMetalとメロスピ。

なんだかんだ言って60/70年代のロックも好き。
大学生だが若干同世代との会話についていけないところがある。

そして若干のアニオタである...
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Tree-CATEGORY
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者たち
Twitter...

Twitter Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。