スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Helloween/Keeper Of The Sven Keys Part 1

keeper part1
メロスピ、ジャーマンメタルの雄、Helloweenの2nd.もちろん代表作。87年作。


基本的には前作と同様スピーディーなメタルに大胆なメロディーを導入したスタイルだが、このアルバムから専任シンガーMichael Kiskeをvocalに据えてより進化したサウンドを聴かせてくれる。欧州的な質の高いメロディーに加え大胆でドラマティックであり、本国ドイツをはじめ欧州各国のチャートで成功を収めた。勿論日本でも大人気だったそうだ。現在のメロディックスピードメタルの原型であり、キーパーサウンドと呼ばれ多くのフォローワーを生んだ。
実はこのアルバムの制作時、メインコンポッサーの一人であるMicheal Weikathは神経症かなんかで作曲にほとんど加われずKai Hansen中心に作曲が行われたらしい。


Intitation

I'm Alive

A Little Time

Twilight Of The Gods

A Tale That Wasn't Right

Future World

Halloween

Follow The Sign
スポンサーサイト

Helloween/Wall Of Jericho/Judas

wall of the jericho


日本でメタラーやってるなら誰もが知ってるであろうドイツのHelloweenのミニアルバムと1stとシングルをまとめた物。詳しい発売日はよくわからん(笑)。ただどれも85年付近だろう。

日本人ならこのバンドは避けては通れないだろう、なぜなら日本のメタラーが一番好きなジャンルはメロスピであり!?、そしてメロスピを作り出したのはこのHelloweenだから!! そして同郷のドイツから彼らのスタイルを模倣したバンドたちがいくつも現れたために『ジャーマンメタル』と言われる物を作り上げてしまった。そして世界中にも星の数ほどのフォローワーをまき散らしたのだ。今活躍しているメロスピバンドたちはみんなHelloweenに影響を受けたと言ってもそこまでラディカルにはならないだろう?

このアルバムでボーカルをとっているのはあのマイケル・キスクではなくカイ・ハンセンであり、彼は時々指摘されるようにあまり上手いシンガーではない(爆)と思うが俺は気にならん。むしろカイが歌ってるってだけで手を叩いて喜んでしまうな。彼の声はすべてをクサくしてしまうからな(笑)。あと時代が時代だけにプロダクションがあんまりよろしくなかったり、演奏が結構荒々しかったりと、この時代のスラッシュ勢を髣髴とされるものがあるのでメロディアスなスラッシュとも捉えられるかもしれない。

そして肝心の曲だが、後にメロスピゴッドと言われるカイと、実際このバンドのブレインだったマイケル・ヴァイカートの作り出す楽曲はメロスピの始点にしてすでに最高峰に上り詰めている。ヨーロッパ的なメロディー満載だ。カイとヴァイキ―のソロプレイもこの時点で凄まじい完成度を誇ってる。

メロスピとは何か?それはこのアルバムと次作の「Keeper Of The Seven Keys」を聴けば大体わかるはずだ。



Starlight いきなりですがメロスピを代表する名曲です。このHelloween独特のメロディーが俺を鷲掴みにするんだ。曲名からしてファンタジーな内容を想像するけどヤク中についての曲です(笑)

Murderer クワイアと言うか野郎なシンガロングなんだが彼らがやればクサくなる!!

Warrior ウォォリァァアア~~~!! アツい!! でもマノウォー的な歌詞では無く反戦歌っぽい。

Victim Of Fate 歌詞が暗いので曲調もちょっぴりダークでありその哀しげな旋律が俺の心臓をエグってくる!! 展開もいいし、名曲だらけのこのアルバムの中でも一つ飛び抜けた曲だろう。

Cry For Freedom 静かなパートから劇的に疾走!! そしてオ~~オ~~オ~~とシンガロングが!! そんでもって素晴らしいサビ!! なんだこれは!! カッコ良すぎるだろうが!!! 終わり方も感動的だ。

Wall OF Jericho ロンドン橋落ちた的なイントロ。ここから1stフルレンスアルバムの「Wall Of Jericho」になります。

Ride The Sky 歌いだしで俺はすでにノックダウンしたんですが(笑)。何から何まで素晴らしいが特にギターソロが神がかってる。

Reptile サビよりも他のパートの方がクサい気がする(笑)。最後のウ~~~ウ~~ウ~~~が染み渡るね。

Gurdians  あのRhapsodyもカバーしてたし曲名的にもドラクエ的なRPGっぽい曲だが歌詞は真逆を行ってるな。むしろマトリックス!!。でも曲調は凄くファンタジー的で我々の大好きなやつだ!

Phantoms Of Death エッジの立ったリフが良い。ソロでもカイとヴァイキ―が完璧な構築美を作り上げている。複数の天才がいるバンドならではのマジックだな。

Metal Invader 歌メロがAcceptの曲で聴いた事があるような気がするけど気のせいだろう(爆)。彼ららしい素晴らしいサビと美しいギターソロ... 

Gorgar 名曲達に挟まれてちょっと地味な感じはある。ミドルテンポだし。途中で出てくるこの有名なフレーズは何のクラシックの曲だったか... メインリフもそれをモチーフにしているかも。

Heavy Metal (Is The Law)  彼ら流のメタルアンセムだ!!。ヘ~~~ビィィ! メトォォォゥゥウウッッ!! ホイィッ!! サビも最高だな!!

How Many Tears 一転して凄いシリアスな曲だ。曲調も暗く哀愁を伴っておる。そしてこの劇的な展開。名曲中の名曲だな。俺がこのアルバムを買った最大の理由はこの曲が聴きたかったからだ!!。そしたらこの曲級の名曲がたくさん収録されてたんだな(笑)。これにて「Wall Of Jericho」はおしまい。

Judas シングルの「Judas」から。これもちょっぴりダークな感じ。我々から見て東の方にある某大国を皮肉ってそうな歌詞(爆)。そんな内容に相応しいアグレッシブな曲だ。でもメロディーがないがしろにされている訳ではない。
プロフィール

へたれ学生

Author:へたれ学生
メタルをこよなく愛する。特にThrashMetalとメロスピ。

なんだかんだ言って60/70年代のロックも好き。
大学生だが若干同世代との会話についていけないところがある。

そして若干のアニオタである...
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Tree-CATEGORY
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者たち
Twitter...

Twitter Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。