スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hallow's Eve/Death&Insanity

death and insanity
アメリカのThrash MetalバンドHallow's Eveの2nd。86年の作品。

前作でもやたらキャッチーなThrash Metalを提示していた彼らだが今作でも前作以上にキャッチーでパワフルなサウンドだ。異様にカッコいいバックコーラスとキャッチーなリフでスタスタ疾走する。うん、なかなかと強力なアルバムだなこれは。この手のThrashでは珍しくvocalが非常に歌が上手く、それは得てしてダメな方向に行きがちなのだがこいつ等は大丈夫です。安心してください、基本B級の匂いが漂いまくってます。まあぶっちゃけた話全体的なインパクトとしては1stの方が上なんだがこれも佳作でしょう。現在では1st,2nd,3rdと大量のデモ音源とライブ音源を詰め込んだ3枚組ボックスセットで入手可能。

Death And Insanity

Gobelt Of Gore

Lethal Tendencies

Obituary

Plea Of The Aged

Suicide

D.I.E

Attack Of The Iguana

Nefarious

Nobody Lives Forever

Death And Insanity (Reprise)


スポンサーサイト

Hallow's Eve/Tales Of Terror

tales of terror

ThrashMetal的には異常なまでにキャッチャーな事をやってるアメリカの四人組。1stアルバムです。1985年。

とにかくキャッチャーである。リフもオーソドックスな物であるがやはりキャッチャーだな。だがキャッチャーなのは彼らの一面に過ぎず、実際かなりパワフルなThrashMetalをプレイしておる。所々にまだPaul Dianoがボーカルをやっていた時のIron Maidenからの影響が見え隠れしてるかもな。特に『Killers』くらいのね。曲展開とかもそれっぽいのがたまに感じられる気がする。ギターは結構泣くプレイを聴かせてくれる。なかなか個性的な音である。またこのバンドにはメインボーカルの他に2人ボーカルを取れる人が居るからかどうかは分からんが非常にバックコーラスに厚みがあってカッコいい。メインボーカルは普通に歌が上手いな。

Plunging To Megadeath この曲では若干だみ声なボーカルが歌ってる…がやはりキャッチャーである(笑)。

Outer Limits この曲からクリーンボーカル。クリーンな声で歌うとよりキャッチャーさが際立つのう。でもこういうのは嫌いじゃないぞ!! パワーがあるしな!!

Horroshow ベースがブンブン弾きまくっておる。分厚いシンガロングがいいですな。

Tha Mansion 泣くギターから始まりモロNWOBHMっぽい展開を見せる。なかなかアツい。ボーカルが非常にカッコいい。

There Are No Rules 1分弱だがシンガロングがアホなくらいキャッチャー。

Valley Of The Dolles インスト。

Metal Merchands この曲も結構NWOBHM臭がしていい感じだ。

Hallows Eve (Including Routine) 7分くらいのちょっと長めの曲で、ホントモロにNWOBHMだ。リフも歌メロも。あまり関係ないけどNWOBHMって書くのは簡単だけど口でいう時は面倒だな(笑)。
プロフィール

へたれ学生

Author:へたれ学生
メタルをこよなく愛する。特にThrashMetalとメロスピ。

なんだかんだ言って60/70年代のロックも好き。
大学生だが若干同世代との会話についていけないところがある。

そして若干のアニオタである...
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Tree-CATEGORY
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者たち
Twitter...

Twitter Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。