スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Darkness/Defenders Of Justice

defenders.jpg
ドイツの硬派なThrash MetalバンドDarknessの2ndアルバム。88年。

これも前作と同様に超coolな疾走型Thrash Metalである。メンバーが「プログレ系の影響がある」とか言っていた様に確かに若干曲展開が複雑になってはいるが寧ろ疾走感とドラマ性を増しており効果的である。Olliの声も已然として殺傷力抜群だ。今作は上述した様に若干ドラマ性が強調されておりそれは名曲「Predetermined Destiny」に如実に表れているな。

前作と共に必ず持っておきたい作品。

ちなみに前作で激ウマベースを披露していたBrunoはThomasへと交代している。ちなみに彼も超激ウマである。Thradh Metalバンドでベースをプレイする人は彼の真似をするといいかもね。


Bloodbass

Inverted Minds

Battle To The Last

Caligula

They Need A War

Locked

Defenders Of Justice

Predetermined Destiny
スポンサーサイト

Devastation/Idolatry

idolatry.jpg
テキサスのThrash MetalバンドDevastationの3rd.91年の作品。

もうこの時代はThrash Metalが斜陽に差し掛かっていた頃であるが、前作よりかなりパワーアップし結構スリリングなDark AngelタイプのThrashをプレイしている。前作でちょっぴりモタっていたDrがDavid Lozanoに代わっておりそれが功を奏したのかもしれない(超キレキレなプレイと言う訳ではないけど)全体的にややヘビーになっているが、これは良い方向に作用しているな。「Beneath The Remain」の頃のSEPULTURAの様にミドルテンポを効果的に使用しているのも好印象。

ただ前作でも感じだ様にvocalがちょっと弱い。いや前よりはだいぶマシになったが。だがこれ位ならギリギリ許容範囲かな。


Deliver The Suffering

Freewill

Forsaken Hatred

Souls Of Sacrifice

Idolatry

Legacy Of Faith

Subconscion

Never Believe

Juggernaunt/Baptism Under Fire

JUGGERNAUT baptism under fire
アメリカのテクニカルThrashバンドの1st.86年の作品。

上でテクニカルThrashと書いたが実際はテクニカルだが曲調は意外と普通のHeavy Metalである。ちょっぴり速いパートはあるが。しかし上手い。そりゃ当たり前な話で特にドラムはWatchtowerやSpastic Inc、Riot等に在籍したBobby Jarzombekである。上手い訳だ。とてもスリリングなドラミングである。他のパートも彼に負けないくらいのテクニックを持ち合わせており全体としてかなり緊張感のあるサウンドになっている。曲自体は全て3分前後且つ意外とキャッチーな曲調だったりするので普通に聴き易いだろう。

そこまで疾走するタイプでは無いがテクニカルな物が好きなら聴くべきだな。


Impaler

Slow Death

Cast The First Stone

Rains Of Death

Cut Throat

All Hallow's Eve

Burn Tonight

Juggernaunt

Purgatory's Child

Bilzzards

Hang 'Em High

Honey Bun

Destruction/Mad Butcher

mad butcher
西ドイツのThrash MetalバンドDestructionのミニEP.86年。

1stEP「Sentenced To Death」に収録されていた名曲Mad Butcherの再録版をリードトラックにした作品。


前作までドラムを叩いていたTommyが兵役のため脱退し代わりにOllyが加入。更にGtにHarryが加え4人編成へと移り変わった作品。メンバーが替わり作風も変化した。具体的に言うとまず曲の複雑化、そしてHarryのクラシカル(時にはネオクラっぽい)ギターソロである。サウンド自体メロディーを取り入れかなり美しいThrashとなっている。これ自体はかなりクオリティーが高く実にカッコいいのだが、今までのDestructionの強烈なリフワークで疾走するスタイルが個人的に好きだったためちょっと不満の残る作品。まあ違うバンドとして聴けば問題ないか。

Mad Butcher

The Dammed

Reject Emotions

The Last Judgement

Steel Fury/Leaser Of Two Evil

Lesser.jpg
アメリカのトリオThrash MetalバンドSteel Furyの1st. 89年の作品。

えーと、レーベルはNEW RENAISSANCEです。はい、今ちょっと引いてしまったあなた!正解です(笑)。NEW RENAISSANCEと言えばゴミThrashの宝庫ですからね。このバンドも例に漏れずポンコツ感がありますが、実はテクニカルな事を目指していたようで意外とギターは上手い。ベースも中々。vocalがなよいのとドラムにもうちょっとキレがあれば格好よく聴こえたかもね。と言うか意外とまともです(笑)。Thrashに必要な熱意は兼ね備えているので興味が湧いたならチェックしてみても良いかも。

一番の不満は超音の小さいMIXだ。これはマジ萎えるよ。まあ音量マックスで聴けば問題ないけど。


1.Justice Day
2.No More
3.The Cage
4.This Old Man
5.Choose Death
6.Nowhere to Hide
7.Synchronized
8.Too Fast
9.Private Room

Iron Angel/Hellish Crossfire

Hellish Crossfire
ドイツのSpeed/Thrashバンド。1stアルバム。85年である。

ダサくてしょぼいアルバムが象徴するように内容もダサい(笑)。いや褒めてるんですよ(笑)。この味はこの年代のバンドにしか出せません。最近のリスナーが聴いたら結構普通のHeavy Metalに感じるかもしれないな。しかしこのシンプル且つ印象的なリフは正にThrash.演奏については比較的纏まっている方である。Vocalはアレだけど(笑)。

万人には勧められないけどこの手の物がお好きなら必聴。

The Metallian

Sinner 666

Black Mass

The Church Of The Last Souls

Hunter Of Chains

Rush Of Power

Legions Of Evil

Wife Of The Devil

Nightmare

Heavy Metal Soldiers

Kreator/Terrible Certanty

terriblecertainty.jpg
西ドイツのThrash MetalバンドKreatorの3rdアルバム。87年の作品。

今までの作品もかなり速かったが、このアルバムでは演奏力の向上と相まって凄まじい切れ味だ。世の中にThrash Metalのアルバムは星の数ほどあるがこれは間違いなくトップクラスの速さ。速いだけじゃなく実は結構凝った曲作りをしており曲ごとに個性が出ている。このアルバムあたりからMilleは裏返る様な吐き捨て声を使いだす。
結構凝ったリフも多い。間違いなく必聴作品。僕はKreatorの野蛮且つ冷たい雰囲気のするスタイルが好きです(笑)。

Blind Faith

Storming With Menace

Terrible Certanty

As The World Burns

Toxic Trace

No Escape

One Of Us

Behind The Mirror

Devastation/Sign Of Life

sign of life
アメリカのThrash MetalバンドDevastationの2nd.89年。


このバンドはどれが1stで2ndなのかが色々錯綜しているがこのアルバムが2ndのはず。1stは中々なレアい様である。サウンド的にはまあ良くあるSlayerクローン...と言うかどっちかと言うと初期Dark Angelに似ている。それだけで個性的とは言えないが、その他にも特に取り立てて褒める事は無い。疾走系Thrashとしては悪くないが所々Dark Angelのパクリが有ったりドラムがモタってたりする。一番問題なのはVocalが貧弱な所だろう。吐き捨て系を目指している様だがパワーなさすぎ(笑)。これが解消されたら結構カッコよく聴こえるかもね。と言うかこの頃からミドルテンポ系のゴミみたいなバンドが増え始めたので中々頼もしい存在ではある。



1. Eye for an Eye 03:33

2. Desolation 03:32

3. Manic Depressive 02:44

4. Signs of Life 04:12

5. Retribution 04:01

6. Tomorrow We Die 05:00

7. Contaminated 02:29

8. Fear of the Unknown 06:01

9. Escape to Violence 02:33
プロフィール

へたれ学生

Author:へたれ学生
メタルをこよなく愛する。特にThrashMetalとメロスピ。

なんだかんだ言って60/70年代のロックも好き。
大学生だが若干同世代との会話についていけないところがある。

そして若干のアニオタである...
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Tree-CATEGORY
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者たち
Twitter...

Twitter Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。