スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sanctuary/Into The Mirror Black

nto-the-mirror-black-album-cover.jpg
アメリカのNevermore前身バンドの2nd.

前作ではスラッシーなHeavy Metalって感じでしたが、今作ではよりHeavy Metalな音像となっている。また若干プログレな方向性も見せ始めた。大仰で様式美的な曲展開だ。中々ドラマティックである。
タイトな演奏などは変わらず緊張感に溢れており、暗めな曲調と緻密な曲展開と相性がいい感じだ。スラッシャーよりも寧ろ正統派メタルが好きな方にお勧めです。

1. Future Tense
2. Taste Revenge
3. Long Since Dark
4. Epitaph
5. Eden Lies Obscured
6. Mirror Black
7. Seasons Of Destruction
8. One More Murder
9. Communion

スポンサーサイト

Wargasm/Why Play Around?

Why-Play-Around-527910.jpg
アメリカのトリオThrash MetalバンドWargasmの1stアルバム。90年のアルバム。

基本的にはMortorhed~At Warあたりから影響を受けていそうな漢クサいThrash Metal.実はそこまでSpeed一本勝負って訳でも無いが、効果的なギターリフでトリオとは思えない様なパワフルさで押し寄せてくる。そう、ホントパワフルです。ライブでもかなりカッコ良かったと言う噂を聴きます。Vocalは渋い感じのクリーンボイス。これがまたかなり魅力的だ。スラッシュメタルの名盤と言う話題になれば必ずこのアルバムが出てくるだろう。必聴だと思います。

1.Wasteland
2.Revenge
3.Bullets & Blades
4.Undead 
5.Merritt's Girlfriend
6.Sudden Death
7.Wargasm
8.Le Cou Cou
9.Humanoid

Angel House/World On Fire

world on fire
イギリスのトリオバンド。70年代後半から80年代のHard Rock/正統派Heavy Metal系のバンド。06年くらい。

要するに最近流行りの(流行ってるのか?)NWOBTMのながれなのだろうか?いやでもNWOBHMよりちょっと前の匂いだな。UFO+NWOBHMって塩梅かも。メロディックだったりちょっとブルージーだったりと若干ぶれたりはするし、若干可もなく不可もなくって曲もあるが、まあこの手の音が好きな人ならハマれるでしょう。僕はそこまでですが(笑)。タイトル曲は素直にカッコいいと思います。


Mask

Loaded To Late

Dying At Your Door

Hush-A-Bye

Victim # 13

Weapons For Self-Expression

Revolution

Knowledge

Superstitious Woman

World On Fire

Bloodlust/Guilty As Sin

Guilty As Sin
アメリカのSpeed Metal...と言うか殆ど伝統的なHeavy Metalバンドって感じのBloodlust.1st.86年です。

そう、上記の通りどっちかと言うとHeavy Metal.Riotとかそんな感じの。じゃあなんでそんなバンドをThrash Metalにカテゴリしたかって言うと彼はは次のミニEPで非常にクールなSpeed/Thrashへ転向するからである。このアルバムでもその片鱗を見せており、スリリングなギターソロやなかなかドラマティックな曲展開、この時代特有のメロディ。vocalもハイトーン系でありなかなか上手い。現在はEP「Terminal Velocity」とのカップリングでしか手に入らない(はず)なので買えば必ず両方手に入る事になるがこの作品もパワーに満ち溢れておりお勧めである。

Soldier Of Fortune

Ride To Death

Chainsaw

Tear It Up

Bleeding For You

Too Scared To Run

Rising Power

Witch Hammer/1487

1487.jpg
ノルウェーのSpeed Metalバンドの1st.90年の作品。

上記の通りThrash Metalと言うよりはSpeed Metalである。90年なのにサウンドは85年くらいだ(笑)。まあAgent Steelあたりを思い浮かべてくれればいいだろう。vocalは若干クセがあるも突き抜けるようなハイトーンを披露し、ギターはこのSpeed Metalと言うよく分からないジャンルでしかあり得ない様なシンプルかつ刻みの細かいタイプだ。ギターソロなんかもテクニカルで非常にスリリングである。結構曲展開にも気を使ってる様であり中々ドラマティックだ。90年と言うメタル自体が斜陽に差し掛かり始めた時代ながらいい意味で時代削合な事をやっており好感が持てる。85年位のSpeed/Thrashが好きな人は必聴でしょう。そうでない人にも結構お勧め。


Transylvania

Kill All In Sight

Burning Court

The Whore Of Babylon

Enola Gay

Hallows Eve

My Execution

By This Axe I Rule

Curiosity About Death

WatchTower/Control And Resistance

CONTROL.jpg
アメリカの超絶テクニックThrash MetalバンドWatchTowerの2nd.89年の作品

まずメンバーがかなり入れ替わっており、GtがBilly Whiteから元SA.SlayerのRonJarzombek,ドラマーもRick ColaucaからもとJuggernautで後にRiotやIced Earthで活躍するBobby Jarzombek代わっている。前作はジャズ・フュージョン色を見せつつも基本的にストレートなThrash/Speed Metalであったが今作ではよりテクニカルで複雑な方向に走っている。上手すぎる(笑)。ベースのDoug Keyserも相変わらずだが新たに加入したメンバーもあまりに超絶だ。その彼らのテクニックを存分に生かした複雑な曲で攻めている。これvocalいるんだろうか...そのくらいのレベルだ(笑)。

比較的このアルバムと比べればストレートだった前作と今作では人によって好みが分かれるだろうが絶対に抑えとかなければいけない作品。

1. Instruments Of Random Murder 04:06

2. The Eldritch 03:17

3. Mayday In Kiev 05:48

4. The Fall Of Reason 08:01

5. Control And Resistance 06:58

6. Hidden Instincts 03:51

7. Life Cycles 06:48

8. Dangerous Toy 04:20
プロフィール

へたれ学生

Author:へたれ学生
メタルをこよなく愛する。特にThrashMetalとメロスピ。

なんだかんだ言って60/70年代のロックも好き。
大学生だが若干同世代との会話についていけないところがある。

そして若干のアニオタである...
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Tree-CATEGORY
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者たち
Twitter...

Twitter Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。