スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Darkness/Conclusion & Revival

conclusions.jpg
ドイツのThrash Metalバンド、Darknessのショッキングな3rdアルバム。

前二作で完璧な吐き捨て声を披露していたOlliが抜けてしまい、まさかのしっかりメロディーを歌えるタイプのシンガーをフロントに据えたある意味問題作。今までの「吐き捨て声+疾走」という完璧なスタイルではなくなったので正直別のバンドとして聴いた方がいいかもしれない。しかし他のメンバーもかなり技量がアップしており、特にもともと上手かったThomas(Ba)は超絶ベーシストとなっておりサウンドから緊張感は失われていない。ちなみに彼は全曲で凄まじいいプレイを見せているが特にブルース曲「All Left To Say」が圧巻。2ndで見せたちょっとプログレッシブな曲展開も残しており、レベルの高い演奏と相まって中々の凄味だ。

正直初期二枚の頃とは別のバンドだが、歌えるシンガー系のメロディックなThrash Metalとしてはかなりクオリティーが高いのも事実。そっち系が好きな人なら間違いなく必聴。あとベーシストがホントにすごいので興味がある人は聞いてみても良いでしょう。

ちなみに12曲中4曲は初期2枚+Demo時代の曲をこの時の編成で撮り直したリメイク版である。結構面白い。


. Conclusion & Revival
2. Soldiers
3. The Omniscient
4. Under Control
5. Bass
6. Burial
7. Predetermined Destiny
8. Price Of Fame
9. All Left To Say
10. Beside My Grave
11. Faded Pictures
12. Armageddon
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたれ学生

Author:へたれ学生
メタルをこよなく愛する。特にThrashMetalとメロスピ。

なんだかんだ言って60/70年代のロックも好き。
大学生だが若干同世代との会話についていけないところがある。

そして若干のアニオタである...
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Tree-CATEGORY
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者たち
Twitter...

Twitter Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。