スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exodus/Another Lesson In Violence

another.jpg

ミドルテンポになったりダンサンブルになったりしてだんだんグダグダになり解散してしまったExodusがなんと初期のメンバー(ベースのみ初期メンじゃないけど)をそろえて行ったライブを収録した白熱のライブ盤。1997年。

なかなかの演奏力を持ち合わせながらも初期衝動に任せぶっ飛ばす超熱いプレイが聴けるぞ。 
Gary HoltとRick HunoltのH-Team(この名称を知ってる人は真正スラッシャー)が繰り出すザックザックのリフはスタジオ盤よりかなりヘビーだ。自然と頭を振ってしまうぞ笑。
ギターソロも結構崩して弾いていたりしてカッコいいな。Tom Huntingのドラミングもスタジオ盤よりキレまくりだしスピードも1.2倍速くらいになってる。ほんとブランクを感じさせないな。

そしてなんといってもこのアルバムの目玉は1stで超クレイジーな歌声を見せながらも脱退(解雇?)してしまったPaul Baloffでしょう。やっぱExodusはこの声じゃないとね。

そして気になる曲目ですが、Metal Commandを除いた1stの曲全てに、まだPaul Baloffが在籍していた頃に書かれた2ndの曲が3曲、そしてデビュー前に書かれどのアルバムにも収録されていない曲Impalerが収録されている。ImpalerはどうもKirk HammettがMetallicaに引っこ抜かれる前に作った曲のようだ。 やはり1stが中心なのが嬉しいですね。

この再結成でまた昔のタイプのスラッシュを聞かせてくれるのかと期待したがこのライブ盤1枚のみで再び解散。こんなカッコいいライブ盤を出しただけにがっかりだ。まあまた再結成するんだけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたれ学生

Author:へたれ学生
メタルをこよなく愛する。特にThrashMetalとメロスピ。

なんだかんだ言って60/70年代のロックも好き。
大学生だが若干同世代との会話についていけないところがある。

そして若干のアニオタである...
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Tree-CATEGORY
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者たち
Twitter...

Twitter Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。