スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blind Illusion/The Sane Asylum

the sane asylum

サンフランシスコの4人組スラッシャー。1988年の作品。
基本的にはスラッシュメタルの範疇のサウンドなんだけど、いたるところにプログレやサイケロックの要素をたんまり含んだ超個性的な連中です。こいつらのサウンドは説明しにくいな笑。他のバンドを例に挙げようと思っても似てるやつらがほとんどいない。Voivodともまた違う感じだし。だが似てるやつが少ないということはそれだけ自らの個性を確立しているという訳で、やっぱこのアルバムは捨てて置けないと思う。スラッシュとプログレの両方が好きなら間違いなく必聴だと思うけど、そんな奇特な人は少ないでしょう。

こんなこと書いてるととっつき難いアルバムだと思われてしまいそうだが(実際とっつき難いけど)、元Possessedで後にベースのLes ClaypoolとPrimusを結成するLary Lalondeの華麗なギターソロだけでもこのアルバムは聴く価値があると思うけどどうですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

聞いたことがないバンドだったので早速視聴してみました。展開の複雑さや実験的なところがDyoxenやCardinal Sin、Watchtowerに似ていると思います。

No title

<<みさ。さん

こう、なんかサイケロックっぽいところや60/70年代っぽい臭いがかなり個性的だなぁ。っと思い文章を書いてしまいました。テクニカルなスラッシュ系と言う面では似てるバンドも多いですね。

DyoxenはToxik系と聞いてましたが実はまだ未聴なんです。探してはいるんですが。

そしてCardinal Sinは名前も知りませんでした。恥ずかしい話です。

どちらか云うと…

元々、中心人物のVo/G,マーク・ビーダーマンが
60’70’サイケロックに夢中だった人らしく、80年代に活動してた時は
実力のあるミュージシャンをバンドに加入させたら、
「ほとんどスラッシュメタル系」だったが真相です(土地柄です)

バンドの歴史はかなり古参の部類ですが、発表したアルバムは1枚だけが
更に「知る人ぞ知る」的な印象を持たせています。
このバンドの国内盤アルバムは、ヤクオフ等で出品されると
「とんでもない価格」か「激しい争奪戦」の対象になるレア盤です。

No title

そんな経緯が...それでサイケなスラッシュメタルになったのですね。


国内版の高値っぷりは一応存じておりまして、「こりゃ買えないかなー」って思っていたらMetal Mindが再発していたので助かりました(笑)。
プロフィール

へたれ学生

Author:へたれ学生
メタルをこよなく愛する。特にThrashMetalとメロスピ。

なんだかんだ言って60/70年代のロックも好き。
大学生だが若干同世代との会話についていけないところがある。

そして若干のアニオタである...
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Tree-CATEGORY
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者たち
Twitter...

Twitter Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。