スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Razor/Executioner's Song

executioners SOng

カナダの偉大なる金太郎飴スラッシュメタルバンドRazorの1stアルバム。1985年?だいたいその頃です。
メンツはStace McLaren (Vocal), Dave Carlo (Guitar), Mike Campagnolo (Bass), Mike Embro (Drums)

彼らの特徴と言えばやはり、DaveのキャッチャーなカミソリギターリフとStaceが荒々しく歌うキャッチャーなボーカルラインでしょう。デイブの70年代的なギターソロもダサカッコいい(笑) 基本的に「うるさい」「速い」「やかましい」でもキャッチャーで何とも言えずカッコいいんだなぁ。でも彼らのサウンドはアルバムを通じで、そして全時代を通じて同じことをやっております(笑)。
まあでも同じ事やっててもいつもカッコいいなんてやはり偉大なる金太郎飴ですな。しかしこの頃はThrashよりもどちらかと言えばアグレッシブなHRやスピードメタルって感じもある。

上記の通りこのアルバムもどこを切っても荒々しくキャッチャーでドコドコ突き進む曲で占領されていて基本的に同じタイプの曲が並んでるので曲ごとのコメントは勘弁してください... まあ、1曲目のTake This Touchを聴いて気に入ったら買うことをお勧めする。

Take This Touch

Fast & Loud

City Of Damnation

Excape The Fire

March Of Death

Distant Thunder

Hot Metal

Gatecrasher

Deathrace

Time Bomb

The End
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へたれ学生

Author:へたれ学生
メタルをこよなく愛する。特にThrashMetalとメロスピ。

なんだかんだ言って60/70年代のロックも好き。
大学生だが若干同世代との会話についていけないところがある。

そして若干のアニオタである...
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Tree-CATEGORY
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
訪問者たち
Twitter...

Twitter Reload

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。